大倉カヌークラブ

水位について

当ページで「水位」とあるのは、大倉ダムの「貯水位」を指します。
現在の大倉ダムの貯水位は、下記サイト「現在のダムの様子」で公表されています。

現在のダムの様子→こちらをご覧ください

橋脚の露出状況からダムの貯水位を推測することができます。
スタート地点の橋脚とダムの貯水位の関係は以下の通りです。

橋脚露出状況 ダム貯水位 到達ポイントの目安他
約 268m 大倉ダムコースの最上流部まで行くことができます。
この水位が期待できるのは 6月上旬までです。
約 266m 第2の滝辺りまで行くことができます。
約 263m 第1の滝辺りまで行くことができます。
約 260m 第1の滝の手前 200m~300m 、
景観ポイントB の直角カーブを曲がった辺りまで行くことができます。
約 258m 景観ポイントB の中間辺りまで行くことができます。
約 255m ほぼ中止になる水位です。
できないこともないのですが・・・
約 252m 完全に中止になる水位です。
(ダム以外で別の遊びをすることもあります。)

ダムの貯水位は、春が最も高く、秋に最も低くなります。
第2の滝や景観ポイントD まで行ける可能性があるのは、6月上旬までです。

9月、10月は水位低下で中止になる確率が高くなります。
ダムがダメな時には川に行ったり、マウンテンバイクに変更する等他の遊びをすることもあります。